top of page

服薬支援装置について

こんにちわ。

お知らせブログ担当の古谷です。

今回は、訪問支援で広く利用できそうな、服薬支援装置についてお伝えします。





設定時間になると、音と光で服薬タイミングを知らせてくれて、その時の薬も一緒に取り出せるようになる装置です。

セットするのは訪問薬剤師さんで、薬局から派遣されます。


例えば、

・薬を飲み忘れる、

・誤って飲みすぎてしまう、

・意図的、衝動的に過剰摂取してしまう

・引きこもりの子供に、昼の薬もきちんと飲んでほしいが、親は日中働きに出かけないといけなくて管理が難しい

・看護師が訪問して服薬管理もするが、服薬以外の支援に時間を割いた方がほうがいい現場がある

等々、活躍できるケースは結構あると思いました。


他にも、メリットがあり、

・服薬タイミングの時間をしっかり時間でつけることで、生活リズムを整える助けになったり、

・残薬管理ができたり、

・看護師さんは訪問先でお薬をカレンダーに入れたりはできるが、薬のプロではないので、適切でなかったり間違えることもあるそうで、これは薬剤師さんがセットするので、薬のプロが毎回、チェックすることができる

等々、たくさん良い改善事例を伺えました。


費用は、

・介護保険1割で517円/回

・医療保険割で650円/回

(昔から、薬剤訪問サービスという制度はあったそうです。)


AISEI薬局グループさんで取り扱っているものですが、他の薬局でも取り扱いはしているそうです。


服薬管理に困られている現場がありましたら、是非ご検討してみて下さい。


(※補足。4枚目と5枚目の写真は服薬カレンダーと一包化が一つになった、新しいカレンダーです)



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page